あおいさんの部屋

ブログお引越しします(大切なお知らせ)
0
    珍しくおセンチ。又村です。


    又村もいよいよ異動の季節を迎え、平塚市役所から内閣府(障害者施策推進の担当)へ出向となりました。これからは毎日が最高レベルの通勤ラッシュ・・そして自転車運動ができない・・どうしたら良いものか、ずっと思案しております。


    ・・という、思案するところが完全に的外れなネタはさておき、今日はこのブログに関する大切なお知らせです。

    まず、冒頭でも触れたとおり、又村は4月から内閣府(障害者施策推進の担当)へ出向となります。もちろん、だからといってブログを止めるようなことはいたしませんが、コンテンツ的に内閣府の取組みをご紹介することが増えるかな、ということと、そうはいってもやはりビックリするほど忙しいようなので、更新頻度が今よりゆっくりになってしまうかも知れません。
    アクセス数だけで見ると、多い時で1,000名近い方にご覧いただいておりますので、できるだけ新鮮な情報をお届けしたいと思っておりますが、なにとぞ事情をお汲みくださいますよう、お願い申し上げます。

    そしてもう1点、こちらの方が大事なのですが、現在のブログをぶら下げてくださっている「ふれんど宙船(しっぷ)」さんが、諸般の事情で活動をお休みされるということで、ジュゲムブログとしては、3月31日(つまり明日)をもって閉鎖されてしまいます。

    そこで、ブログ管理人さんと相談させていただき、4月からは「アメブロ」へ移籍することにいたしました。ブログページのタイトルは、「あおいさんの部屋」となります。

    【新しい「あおいさんの部屋」はこちらです!】
    http://ameblo.jp/aoisannoheya
    ※ 現時点では、過去の投稿が再掲されています。スタートは4月1日です

    これからはブログ1本になりますので、現行の「あおいさんの部屋」でご紹介しているさまざまなコンテンツについては、新しい「あおいさんの部屋」にて順次(アップデートしたうえで)投稿していきたいと思います。(なので、最初のうちは目新しい感じではないかも知れません)

    なお、ブログ管理人さんの多大なるお力添えのおかげをもちまして、現行の「あおいさんの部屋」で投稿したすべての記事が新しい「あおいさんの部屋」でもお読みいただけるようになっています。すべて手作業での移植作業でした。本当にありがとうございます!!


    また、これも重要ポイントですが、これまで個別連絡用に設定しておりましたメールアドレス

    【ふれんどしっぷのアドレス】
    aoisan@friendship-web.com

    も、明日限りで使うことができなくなります。

    今後、又村宛てに個別のご連絡をいただく際には、フェイスブックのメッセージ機能を使っていただくか、新しい「あおいさんの部屋」ブログにあるメッセージ機能をお使いくださいますと幸いです。

    【又村のフェイスブックページはこちら】
    https://www.facebook.com/matamura.aoi

    【「あおいさんの部屋」ブログにあるメッセージ機能はこちら】
    http://msg.ameba.jp/pub/send/index?toAmebaId=aoisannoheya


    それ以外の、ブログへのコメントですとかリンクなどの考え方は、これまでどおりです。(コメントやリンクはご自由に・・ただし、コメントへのお返事は少々お時間をいただくことがあります)
    ちなみに、いわゆる「ブログランキング」的なものにはまったく興味がございません(笑)そういったことへのご協力をお願いすることはありませんので、ご安心ください(笑)

    なお、ブログのトップページがやや間違った方向で「女子力アップ」を狙っているように思われるかも知れませんが、そのとおりですので言い訳はいたしません(笑)


    そんなわけで、これまでこちらのブログへお付き合いくださいまして、本当にありがとうございました。そして、今後も新しい「あおいさんの部屋」ブログをどうぞよろしくお願い申し上げます。

    あ、一応念のため、今日は又村の誕生日です(笑)すでにメッセージをいただきました皆さま、本当にありがとうございました!
    | 又村 あおい | - | 22:35 | comments(2) | trackbacks(0)
    小規模入所施設と障害福祉計画(その3)
    0
      甘味大王ふたたび。又村です。

      先日、福島県の須賀川市で研修会にお招きいただいた際、事務局さんがご用意くださったお土産が「くまたぱん」でした。2年ぶりくらいにご尊顔を拝しましたが、黒糖あんを白砂糖でくるんだお姿は、まさに甘味大王にふさわしく。このインパクトに勝負を挑む全国の甘味を募集しております(笑)

      ・・という、応募が殺到した場合の体重管理が著しく不安なネタはさておき、今日も小規模入所施設と障害福祉計画について取り上げたいと思います。

      【社会保障審議会障害者部会(第54回)の資料はこちらから】
      http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000033740.html
      ※ 資料2−4が「地域生活支援拠点(小規模入所施設)」関係の資料です


      前回までの投稿で、次のことを整理してきました。

      A 障害福祉計画は障害福祉サービスの数値目標を立てる計画である
      B 次の障害福祉計画は、平成26年度中に策定する
      C 小規模入所施設とは、障害のある人の地域における住まいのあり方を考える際の1類型である
      D そのあり方を考える際には、障害福祉計画を活用する

      ・・ということで、以上をトータルすると、こんな感じが想定されそうです。

      まず、それぞれの地域の現状を踏まえて「障害のある人の地域における住まいのあり方」を検討します。おそらく、これは地域の協議会(自立支援協議会)や施策推進協議会など、地域の関係者が集まる組織(そして、多くの場合は障害福祉計画の協議も行う組織)で協議することになると思われます。
      そして、協議の結果「我々の地域では、障がいのある人の住まいを50人分整備する必要がある」という方向になったとします。(当然ながら数字は地域によって異なります)

      その際、50人分の住まいの場を整備する方法はいろいろ考えられます。

      たとえば、

      ・5人定員のグループホームを10か所整備
      ・ちょっと大き目で10人定員のグループホームを5か所整備
      ・30人定員の小規模入所施設(地域生活支援拠点)と5人定員のグループホームを4か所整備
      ・公営住宅の優先入居を20人分と5人定員のグループホームを6か所整備

      これらはすべて「障がいのある人の住まいを50人分」の整備方法といえますが、どういった整備の方向性とするかは、おそらく地域によって千差万別になると思われます。(ゆえに、国や都道府県が一律の方向性を示すのではなく、まずは各地域の協議会で議論することが求められるわけです)

      そして、その整備の方向を具体的に数値目標化して記載するのが、「第4期」(27〜29年度)の障害福祉計画・・となります。すなわち、5人定員のグループホームを10か所整備するのであれば、グループホームの利用人数を大幅に上積みする必要があるでしょうし、30人定員の小規模入所施設(地域生活支援拠点)を整備するのであれば、施設入所支援の利用人数を30人分上乗せする必要が出てきます。(ただし、小規模入所施設(地域生活支援拠点)の整備に当たっては、前回の投稿のとおり、生活介護などの日中活動の場や短期入所(ショートステイ)、あるいは相談支援事業所やヘルパーステーションなど、地域生活する際に必要となるサービスを複合設置することが求められます)

      もちろん、各市町村の障害福祉計画は都道府県単位で取りまとめられ、最終的には厚労省が国全体の障害福祉計画をまとめることとなります。そのため、場合によっては小規模入所施設(地域生活支援拠点)の整備がそれなりの数になるかも知れない・・ということです。

      そして、社会保障審議会障害者部会の資料にも、「安心生活支援事業(地域生活支援事業)によるコーディネイトや、個別給付による地域定着支援の実施を必須として、施設整備に対する補助について優先的に採択することを検討」という記載があるとおり、小規模入所施設(地域生活支援拠点)の整備には、ことによると施設整備費の補助が付くかも知れない・・という状況になっています。

      ただ、小規模入所施設(地域生活支援拠点)については実際のところどうなるのかは見えていませんので、今後の情報を注視したいと思います。


      では、これで課長会議のポイントは一段落ということで。次回は「大切なお知らせ」がありますので、ご愛読の皆さまはどうぞお見逃しなく。
      | 又村 あおい | - | 23:40 | comments(2) | trackbacks(0)
      小規模入所施設と障害福祉計画(その2)
      0
        キャラメルおそるべし。又村です。

        名古屋駅で「世界の○ちゃん」がプロデュースする「手羽先風キャラメル」なるものを見て驚愕したのですが、北海道には「ジンギスカンキャラメル」がありました(笑)キャンディーとかでも、こういう攻めまくりの商品があるんでしょうか。

        ・・という、面白そうだけど食べてみたくはないネタはさておき、今日も小規模入所施設と障害福祉計画について取り上げたいと思います。

        【社会保障審議会障害者部会(第54回)の資料はこちらから】
        http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000033740.html
        ※ 資料2−4が「地域生活支援拠点(小規模入所施設)」関係の資料です


        今日は、小規模入所施設って何ですか?という辺りを整理したいと思います。

        「小規模入所施設」とは、総合支援法を国会で可決するときに(正確には違いますが、可決の条件として)「総合支援法は可決するけど、国会としてこれとこれをちゃんと検討するように求めますよ」という趣旨の「附帯決議」というものの中に出てくる単語です。

        その趣旨は、障害のある人の高齢化や重度化、いわゆる「親亡き後」の問題などへの対応として、地域生活の支援をさらに進める観点から小規模入所施設などを含めた「地域における居住の支援等のあり方」を検討するように・・ということだったのです。ので、国会からの宿題という意味では「障害のある人の地域における住まいのあり方」を全般的に検討することになるのですが、「小規模入所施設」という名称が目新しかったこともあってか、その部分が注目されていました。

        ちなみに、現在のルールでは入所施設の最小定員は「30名」となります。したがって、小規模入所というからには定員30名以下の入所施設のことか?という予測を立てた人もいますし、そもそも今までとは全然違う新しい入所型の施設をイメージした人もいたようです。

        で、この「小規模入所」については、本来の「障害のある人の地域における住まいのあり方」の検討の一環として、これまで社会保障審議会障害者部会(厚労省の障害者施策を議論する公的な審議会)で協議されてきました。

        その結果、定員30名程度の小規模な入所施設に、生活介護などの日中活動の場や短期入所(ショートステイ)、あるいは相談支援事業所やヘルパーステーションなど、地域生活する際に必要となるサービスを複合設置した、地域における多機能な拠点を整備する考え方はありえるのでは・・という方向が示されました。
        こうした考え方を踏まえて、名称も「小規模入所施設」ではなく「地域生活支援拠点」という名称で紹介されるようになっています。(このブログでは、タイトル上は引き続き「小規模入所施設」としますが、以後は「地域生活支援拠点」と併記します)

        ただ、障害のある人の地域における住まいのあり方を考える際に、いきなり何の脈絡もなく「小規模入所施設(地域生活支援拠点)を整備しましょう」ということにはなりません。それぞれの地域で、住まいを必要としている障がいのある人の人数や生活環境、あるいは現に整備されている資源の状況は大きく異なるからです。

        そこで、まずは地域で障害のある人の地域における住まいのあり方を考えましょう・・ということになり、そのツールとして障害福祉計画を活用することになった、というわけです。


        ようやく、話の前後関係が整理できましたので、次回はタイトルどおり「小規模入所施設と障害福祉計画」について触れたいと思います。では。
        | 又村 あおい | - | 21:06 | comments(0) | trackbacks(0)
        3月21日は「世界ダウン症の日」です!(お知らせ)
        0
          単線は雪に弱いかも。又村です。

          先日の大雪で問題だったのが、雪でポイントが動かなくなる故障。なので、必然的に行き違いが発生する単線の方が故障の可能性が高くなるわけです。良い勉強になりました。

          ・・という、ずいぶん高い授業料だったネタはさておき、今日は「世界ダウン症の日」のお知らせです。日付的には、昨日の「世界自閉症啓発デー」よりも前の日程でしたのに、前後してしまい失礼いたしました。


          【HPはこちらから】
          http://www.jdss.or.jp/321/

          以下、HPからの抜粋です。

          (世界ダウン症の日とは?)
          2004年に世界ダウン症連合(本部はイギリスのロンドン)が制定し、2006年から「世界ダウン症の日」が始まりました。ほとんどのダウン症の人が、【21番目の染色体が3本ある】ということで、3月21日を「ダウン症の日」としています。
          2012年から国連が国際デーの一つとして、3月21日を「世界ダウン症の日」として制定しました。
          ダウン症のある人たちとその家族、支援者への理解がより一層深まり、ダウン症のある人たちがその人らしく安心して暮らしていけるように、さまざまな啓発のイベントを通して世界中の人々に訴えていくための日です。

          <国連が定めた国際デーとは>
          毎年定められた日に、特定の事項に対して、特に重点的問題解決を全世界の団体・個人に呼びかけるための日。国際デー当日や前後には、世界各地で記念行事が行われています。
          2014年のイベント

          (公益財団法人日本ダウン症協会(JDS)主催のイベント)
          JDSは、2012年・2013年に引き続き、2014年も、ダウン症へのより一層の理解を深めるために記念イベントを開催します。 英国発の写真展も、併せて開催します。

          記念イベント
          「STEP FORWARD TOGETHER みんなで一緒に前へ進んでいこう2014」
          ■日 時/3月21日(金・祝) 12:45?15:25
          ■場 所/東京・上野 東京藝術大学内「奏楽堂」(1100名収容)

          【写真展】
          「ダウン症 家族のまなざし −Shifting Perspectives−」
          ■日 時/3月21日(金・祝)〜30日(日) 11:00?19:00
          ■場 所/東京・青山 「伊藤忠青山アートスクエア」

          以上のイベントについては、下記URLからチェックできます。
          http://www.jdss.or.jp/321/index.html#2014event


          【2014年ダウン症啓発ポスター】
          ダウン症啓発のための素敵なポスターが出来上がりました。
          昨年からJDSが3月を「ダウン症啓発月間」に定めたことで、初めて啓発ポスターを制作しました。
          今回は2回目となり、お子さんたち15名に登場してもらいました。
          なお、掲示にご協力いただける方は、送料も含め無料提供となります。

          (ポスターはこちらから)
          http://www.jdss.or.jp/321/2014img/poster2014.pdf
          (掲示のお問い合わせはこちらから)
          info@jdss.or.jp


          ・・というわけで、少々日が迫っていますが、イベントだけでなく、ポスター掲示なども含めてご興味のある方は、お問い合わせください。

          そして、昨日ご紹介しました「世界自閉症啓発デー」とあわせて、年度はまたぎますが連続的に取り上げることができれば、もっと盛り上がりますね・・そうなることを期待したいと思います。では。
          | 又村 あおい | - | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0)
          4月2日は「世界自閉症啓発デー」です(お知らせ)
          0
            雪の切れ目。又村です。

            先日、宮城県へお邪魔した際に東鳴子温泉へ宿を取ったのですが、もちろん大豪雪。ところが、陸羽東線で岩出山駅のあたりまで来ると晴れ間が・・そして、空を見上げると雪雲と青空の境界がクッキリと。これなら確かに「晴れのち雪」とかありそうだわ、と軽く感動したのでした。

            ・・という、笑いの切れはみぞれのように湿りがちなネタはさておき、今日は、毎年4月2日に実施されている「世界自閉症啓発デー」のお知らせです。

            【HPはこちらから】
            http://www.worldautismawarenessday.jp/htdocs/index.php?action=pages_view_main&page_id=165

            (世界自閉症啓発デーって?)
            世界自閉症啓発デーは、平成19年12月の国連総会において、カタール王国王妃からの提案により決議された、世界的に自閉症のことを知ろう!という趣旨で置かれている日のことです。
            日本においても、「世界自閉症啓発デー・日本実行委員会」が組織され、自閉症をはじめとする発達障害について、広く啓発する活動を行っています。
            毎年、4月2日から8日を「発達障害啓発週間」として、シンポジウムの開催や東京タワーなど主要ランドマークのブルーライトアップ等の活動を行っています。

            (今年のイベントは?)
            1.世界自閉症啓発デー2014・シンポジウム
            日時:
            2014年3月29日(土) 10:00 〜 16:30
            会場:
            全社協・灘尾ホール(新霞が関ビル内) 東京都千代田区霞が関3-3-2(定員500名)
            テーマ:
            『共に支え合う−みんなで作ろう、やさしい街を−』
            総合司会:
            国沢 真弓 (発達障がいファミリーサポートMarble)
            内容:
            (1)開会式
            (2)シンポジウム1「暮らしやすい街づくり」 10:50 〜 12:50
            司会
            山崎 晃資(日本自閉症協会)
            寺山 千代子(日本自閉症スペクトラム学会)
            シンポジスト
            宮西 義憲(北海道芽室町 町長)
            秋山 浩保(千葉県柏市 市長)
            泉 房穂(兵庫県明石市 市長)
            指定発言
            上田 マリ子(北海道自閉症協会)
            本田 秀夫(山梨県立こころの発達総合支援センター)
            (3)昼食休憩 12:50 〜 14:00
            ※13:40ごろから「全国各地の活動の様子」上映
            (4)シンポジウム2「私たちの街では」 14:00 〜 16:00
            司会
            今井 忠(日本自閉症協会)
            日詰 正文(厚生労働省)
            シンポジスト
            山本 純一郎(発達・精神サポートネットワーク)
            武山 弥生(発達障害児・障害者及び家族支援の会 シーズ)
            金 智子(秦野インクルージョン)
            指定発言
            熊本 葉一(岩手県自閉症協会)
            和田 康宏(兵庫県発達障害者支援センター クローバー)
            (5)閉会式
            このほか、当事者による絵画等の作品展、全国から寄せられた応援メッセージ、発達障害者向けの機器等の展示や、東日本大震災被災地施設からのグッズの展示・販売も行われます。

            ※ 受付は、下記アドレスから
            http://www.worldautismawarenessday.jp/htdocs/index.php?action=pages_view_main&page_id=166

            2.東京タワーブルーライトアップ企画(場所:東京タワー)
            東京タワーブルーライトアップ
            日時:
            2014年4月2日(水) 18:30 〜 22:00
            パネル作品展
            日時:
            2014年4月2日(水) 15:00 〜 点灯式終了まで(予定)

            3.Get in touch による啓発イベント
            (Get in touchについてはこちらから)
            http://getintouch.or.jp/archives/42

            (HPより)
            いまの日本には、生きづらさを抱えている人がたくさんいます。
            障害、病気、国籍……。“違う”ということがハンディになる、現実があります。
            そのことが明らかになったのが、3・11東日本大震災でした。
            社会が不安に陥った時、マイノリティがますます追い詰められてしまう……。
            そんな、成熟していない社会は不安です。
            「どんな状況でも、どんな状態でも、誰も排除しない、されない社会で暮らしたい」。
            そんな思いを胸に始めたのが「Get in touch」の活動です。

            “違い”をハンディにするのではなく、
            特性としてアドバンテージにできる、“違い”をおもしろがる社会がいい。
            全ての人がもっと自然に、もっと気楽に、もっと自由に暮らせる「まぜこぜ」の社会はきっと作れる。
            Get in touchでは、アートや音楽を使って、楽しく居心地のよい空間をつくることで、
            まぜこぜの心地よさを体験してもらう活動を行っています。

            音楽や、アートは、さまざまな違いを超えて、わたしたちをつなげてくれます。
            ひとりで見る夢は妄想に過ぎないかもしれませんが、みんなで見る夢は現実になる。
            この言葉を呪文のように唱えながら活動をしています。
            ぜひ、一緒に現実にするべく、アクションをよろしくお願いします。


            今年も、東京タワーがブルーにライトアップされますね。記念シンポジウムと合わせて、ぜひお出かけください。では。
            | 又村 あおい | - | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0)
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            252627282930 
            << June 2017 >>

            このページの先頭へ