あおいさんの部屋

<< 11月11日開催・障害保健福祉主管課長会議情報(その5) | main | 小規模入所施設と障害福祉計画(その1) >>
東日本大震災復興支援などの募金と又村の取組みについて(お知らせ)
0
    黙とう。又村です。

    今日は、東日本大震災からちょうど3年。2時46分に、思い思いのスタイルで哀悼の意を表した方も多かったことと思います。

    そこで、今日は震災からの復興支援にまつわる情報をお送りしたいと思います。


    【復興支援を目的としたクリック募金】
    (ユナイテッドピープル基金 協賛企業の東日本大震災 緊急支援クリック募金)
    http://www.clickbokin.ekokoro.jp/139.html

    (福島原発被害者支援)
    http://www.heartin.com/donationbox/donation_fraise_2.html

    (ホスピタリティクリック募金・日本赤十字社経由の義援金)
    http://click.hospitalitynet.jp/click/

    (ゆうゆう京都のクリック募金・あしなが育英会経由の津波被害者の子ども支援)
    http://www.uukyoto.com/index/index.asp

    (株式会社ピーエスシー・震災による就学困難児への支援)
    http://www.psc-inc.co.jp/clickdonation/index.html


    ・・というわけで、震災から3年経過した現在でも、募金に協力してくださる企業さんが数多いことが改めて分かり、嬉しく思いました。


    また、それに比べればまったく大したことはないのですが、被災地においては(当然のことですが)行政含めて復旧や生活再建が優先され、法制度の改正や議論状況などの情報はまだまだ届いていないように感じます。また、こうした傾向は、東日本大震災(及びその余震)の被災地だけでなく、昨年の台風や集中豪雨、あるいは大雪など、理由は何であれ生活そのものが揺さぶられるような災害が起きてしまった地域に共通することのように思います。

    そういった地域へのお手伝いとして、又村のできることは何かあれば・・と思い、もちろん力仕事も喜んでやらせていただきますが、やはり制度の情報を必要とされている方がいらっしゃるのであれば、お届けに上がるのが一番又村的なお手伝いになるのではないか、と考えました。

    そこで、平成24年度から当面の間として、自然災害などで大きな被害を受けた地域の育成会(親の会)など当事者団体さんや、支援事業所、あるいは市町村や自立支援協議会などからご依頼があった場合には、移動や宿泊等の費用もすべて又村の自己負担でお邪魔させていただく取組みを続けております。毎年、1・2か所ですがお伺いすることができ、嬉しく思っています。

    当然ながら、又村の日程が空いている日取りでないとお邪魔することもできませんので、場合によっては又村の日程に合わせていただくこともあるかと思いますが、なるべくご希望に沿えるよう、調整いたします。

    該当地域として杓子定規に場所を決めることはいたしませんが、イメージとしては上記のとおり東日本大震災(及びその余震)の被災地(特に沿岸部)や、台風や集中豪雨、あるいは大雪などで被害が大きかった地域を想定しております。

    とはいえ、まずはご相談を。できれば、ブログのコメント欄や、フェイスブックのメッセージ機能などを利用してくださいね。どの地域の方でも、お気軽にお問い合わせください。


    また、被害の大きかった地域では、こういった情報自体が届いていないと思われますので(しかも、又村ブログは弱小なので・・)お知り合いの方でお困りの方がおられるようでしたら、情報提供してくださいますと幸いです。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。
    | 又村 あおい | - | 23:29 | comments(2) | trackbacks(0)
    先日の所沢での講演会では、お世話になりました。
    「住む」というテーマに絞った事は良かったですね。

    先週メールで「ミンナDEカオウヤ」プロジェクトが3月末で終了すると聞いて驚きでした。
    利用する側にとっては楽でしたが、運営する方は大変だったのでしょうね。
    他にも色々と理由はあるのでしょうが、とても残念でした。
    http://www.kaouya.jp/
    | 所沢 村上 | 2014/03/12 11:34 AM |

    所沢村上さま、コメントありがとうございました!
    ミンナDEカオウヤ、そうなんです・・残念ながら、今月いっぱいで終了のようですね。
    関わってくださってくれた方々も、「まずは3年」を合言葉にしておられたので、1つの区切りなのかな、と思います。
    今後も、それぞれの事業所さんでは注文を受けていただけるようですので、又村も機会があれば直接発注も試してみようと思います。
    では、またコメントくださいね。
    | あおいさん | 2014/03/17 11:10 PM |










    http://aoinoatama.friendship-web.com/trackback/1017967
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    このページの先頭へ